韓国語独学1本のおすしがHANAの勉強会に参加してみた話

あんにょん~!

みなさんこんにちは^^

前回の記事から2週間以上空いてしまいました…

新しい職場での勤務がスタートしたり、

来月のハングル検定の対策をしたり…と

今月は割と忙しくしていました。

そんな中、おすしは今年のやりたいことリストに

挙げていたことを一つ達成しました。

それは韓国語のイベントに参加すること。

今回はその韓国語のイベントについて

書いてみました。

とんそく子さんのHANA勉強会に参加してみた! 

韓国語を勉強している方なら

本屋さんの棚で1度は見たことがあると思います。

この本が好きで読み物としても学習書としても

とても面白くて中身が充実しているので

少しずつ揃えている途中です。

この本を作っているのがHANAという会社。

本の製作や出版以外にも

時々韓国語のイベントやスクールを行うこともあります。

その中の一つが今回おすしが参加した、

「とんそく子さんのHANA勉強会」です。

HANAの営業担当であるとんそく子さんが

開催されている韓国語の勉強会。

以前からこの勉強会には参加してみたいとは

思っていたのですが…

今回、ついに参加できました!

前日からワクワクでかなり楽しみにしていました(笑)

その日のおすしの目の輝きは

普段と比にならないくらいでした。

HANA勉強会で吸収してきてお腹いっぱいになった 

韓国語セミナーには参加したことはありますが、

韓国語勉強会には1度も行ったことがないおすし。

勉強会に参加するなんて周りのレベルが高そうだな~と

少しびびりながら行きました(笑)

勉強会に参加する前に宿題が出される 

勉強会への参加が決まると、

とんそく子さんから宿題メールが来ました。

内容について、簡単に説明すると…

  1. 音読、シャドーイングの練習
  2. ニュースの理解、翻訳
  3. 小説の翻訳

3つの宿題がhana vol.33から出されました。

一つ一つの宿題をしっかりやっていかないと

勉強会でついていくのが大変そうだ…と思い、

しっかりとやりこみました。

突然シャドーイングで当てられるかもしれないので

1つ目のシャドーイングの練習は結構やりこみました。

2つ目のニュースも原文からすぐに翻訳できるように

時間を見つけてCDを聞いたり、音読したり。

3つ目は時間をたっぷりとって、

じっくり翻訳していました。

勉強会当日はこんな感じ 

勉強会は二部制になっていたのですが

私は後半のガッツリコースを選択。

16:00から約2時間。

勉強会のスケジュールは

1.とんそく子さん自己紹介、勉強会の紹介
2.「音読」勉強法の紹介
3.hanaを使った勉強
4.フラッシュカードを使った勉強
4.とんそく子さんがおすすめする学習書の紹介

こんな感じで、ボリューム満点。

まずは自己紹介から 

最初にとんそく子さんの自己紹介、

参加者の自己紹介などをします。

ちなみに誰ペンなのか答えるときに

私が마동석といったらざわつきました。笑

公開恋愛中ということを最近知って絶望した…

あとはどうやって勉強しているのかも言うのですが

参加者の皆さん、スクールに通っていたり

勉強会を開いたり参加したりと、

独学だけって方は意外と少なかったです。

また、勉強会にはどんなタイプがあって

それぞれどんな特徴があるのかも

教えてもらいました。

自主勉強会(レベルがバラバラでもOK、気軽)

先生を読んで勉強会(レベルが同じくらいが良い、

先生は留学生や上級者の場合もある)

持ち回りで先生をする勉強会

(レベルは揃っている方が進めやすい、

先生役は司会進行、宿題の素材を選ぶ) 

いよいよ勉強スタート 

まず勉強のスタートは音読について。

音読とシャドーイングがなぜ重要なのか、

どんな風にすると効果的なのか、

ポイントを色々とメモ。

音読とシャドーイングの効果の違い、

練習する際に気をつける点、

発音におすすめの教材やアプリの紹介。

またイントネーションについても勉強。

実際に短文を読んでから音声を聞いて

どこが違うのか、改善点を探すなど。

イントネーションについて勉強するのに

おすすめの本はやはりこの2冊とのこと。

「韓国語の発音と抑揚トレーニング(長渡陽一 著)」

「ネイティブっぽい韓国語の発音(稲川右樹 著)」

私もこの2冊でイントネーションについて

勉強したんですが、分かりやすくて面白いです^^

宿題を使って勉強 

そしていよいよ宿題を使って勉強。

ちゃんとやってきたつもりだけどなぜか緊張。

今回は宿題の答え合わせというよりは

この宿題はどんな風に取り組むといいのか、

ポイントを教えてもらったり、

宿題をさらに活用した勉強法をペアで実践したり。

もちろん順番に音読やシャドーイングの番は

回ってきました!

めちゃくちゃ緊張しましたし、

参加している方々の発音と抑揚のうまさに

びっくりしてしまいました(笑)

翻訳の宿題もただ辞書を引いて

訳を書くのではなく、

家系図をまとめてみたり

登場するもので分からないものは

具体的にわかるように

調べることがポイントということを

教えてもらいました。

油断禁物!!フラッシュカード!! 

今回の勉強会で一番ドキドキしていた

フラッシュカード。

こんなカードを見て、すぐに答えます。

とんそく子さんが問題を出すのですが

一瞬で答えを出すのが意外と難しい…

レベルはハングル検定4級程度だったんですが

活用形の問題は皆さん詰まっていたり、

正解なのに自信喪失していたり(笑)

とんそく子さん曰く、

出す側はめっちゃ楽しいそうです(笑)

最後に学習書のおすすめを教えてもらったよ

一通り勉強が終了し、

とんそく子さんから韓国語のテキストの紹介。

この本は初級からおすすめ!とか

どんな人も読んでほしい!とか

この本は順番に進めるのがおすすめ!とか…

出版社で働いてらっしゃる方がおすすめする本を

直接教えてもらえることってレアだと思うので

すごく参考になりました。

そして韓国語の勉強をする上で

大事なことも教えてもらいました^^

例えば、

苦行にしない

成果は出なくてもしばらく続けてみる

語彙と文法が語学の要

など。

韓国語だけではなく、他の語学にも通ずるものです。

普段あまり意識せずに勉強しているので

勉強方法を改めて見直そうと思います。

学ぶことが盛りだくさんの2時間 

ここまでこんな感じの勉強会だよ~っと

ざっくり書きましたが、

ここに書き出したら記事に収まらないくらいの

ボリュームある2時間でした~!!!

独学メインで勉強している私が気づいたことを

以下に少しまとめてみました。

独学メインでやってきた自分が気づいたこと 

まず、全く知らない者同士でも

共通点がすでにあるので打ち解けるmでの

時間が想像以上に早かったです。

韓国語を勉強しているとぶつかる悩みや

好きな芸能人が一緒だったりと

共通点が見つかるのが早く、

教室の雰囲気も和むのでとても楽しく勉強できました。

年代も違うので最初は不安もあったんですけど

懇親会のころには韓国ドラマや旅行の話で

盛り上がっていました(笑)

私は独学メインなので勉強で悩んだときは

SNSやネットで検索が基本で、

情報収集も主にSNSからです。

今回、初めて勉強会に参加してみて

自分以外の韓国語学習者が

どこでどんな勉強をしいているのか

直接聞くことができてとても参考になりました。

そして勉強会に参加したことで

モチベーションが上がりました。

上級者がたくさんいるクラスだったので

かなり刺激を受けました。

特に発音の部分…(笑)

一人で続けていると段々モチベーションが

下がったり、勉強しない日が続いたり…

そういうことを防止するためにも

時々参加してみてもいいなと思いました^^

元々毎週スクールに通うというのが

気が進まないのでこれまで独学メインで

やってきたんですが…

勉強会なら様々なタイプがあって

毎回参加必須ではないものもあるし

気軽に参加できる点が私に合いそうだな~と。

もしくは自分で開催してみるのも楽しそうですね^^

今回、初めての勉強会でしたが

想像以上に楽しく、得るものがたくさんありました。

韓国語の勉強が

マンネリしてきた時期だったので

それを打破するのにとてもいい機会でした!

では今回の記事はここまでです^^

来週はソウル2泊3日なので

また旅行記事もアップしていきます~!!

おすし。



タイトルとURLをコピーしました